構造物の動的特性

振動の理解とデザイン

コーヒーマシンの粉砕音、電気ノコギリの不快な振動、部屋中に響き渡る洗濯機のがたがた音。

これらの現象の原因は通常構造物の共振です。これが理解できてはじめて製品の振動特性を最適化することができます。さらに、構造特性の知見があればターゲット通りに振動をさせることもできます。タッチ画面のフィードバックがこれの代表的な例です。

実稼働振動形状やモーダル分析などの構造分析メソッドは加振と構造の複雑な相互作用を明らかにします。

弊社の直感的分析について詳しくご説明します。

構造物の動的特性の理解

構造分析を正しく行えるかどうかは利用データ、測定機器、そして時間に大きく依存します。

実際にはユーザーは下記を行う必要があります。

  • シミュレーションとテストの効率的な組み合わせ
  • 最適な分析メソッドの採用 
  • 測定ポイントの数と位置の正しい定義 
  • センサー数に拘わらず全体ビューの維持
  • テストセットアップとシミュレーションモデルの検証
  • 結果からの正しい結論の導出
  • MDOF
  • SDOF
  • NTPA
  • SISO
  • MIMO
  • SIMO
  • MLMM
  • LSCF
  • CMIF
  • ODS
  • OMA
  • FE
  • TPA
  • EMA
  • MAC
  • MPC
  • LSCE
  • MKSN

スピーディー

シンプル

正確

本質にフォーカス

弊社のソリューションを用いれば、分析のパラメターの難しい設定に悩まされることなく構造物について素早く簡単に理解することができます。

測定ポイントライブラリーにより全体ビューが常に確認でき、信号機点灯表示によりテスト実施中にデータの信頼性についてフィードバックを得ることができます。

ひとつのソフトウエア上でテスト結果とシミュレーション結果の評価、比較が可能です。

これらの高効率ソリューションは弊社のコンサルティングと研究開発の経験に基づいています。弊社は構造分析の新たなスタンダードを確立しています。


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。

関連製品

モジュール式 & スケーラブル
HEADlab
(3700)
ハンドヘルド
SQuadriga III
(3324)
音と振動
ArtemiS SUITE
(5000)
音と振動
ArtemiS SUITE モジュール
(5000-5059)
音と振動
VIBRANT ME'scopeVES
(4980)