サウンドスケープ

現実の環境音はどのように聞こえているか?

包括的なサウンドスケープコンセプトが音響環境を評価し表現するのに用いられます。ここで着目されるのは音の大小ではなく、特定の状況において人々にどのように知覚されるかです。人に与える効果を考慮することにより、屋内や屋外における音環境づくりをの選択肢が広がります。

  • ノイズ制御 
  • 都市計画 
  • 室内音響 
  • 車両NVH とアクティブサウンドデザイン

これらすべてを測定するのは人の知覚です。


標準規格化された録音と知覚分析

“サウンドスケープ”という言葉の定義とこれに関連するメソッドは ISO 12913 シリーズに標準規格化されています。この標準規格はサウンドスケープ研究において音響環境評価の為の以下のメソッドを規定しています。

  • アンケートやインタビューによる知覚関連データの収集
  • 以下の目的の為のバイノーラル録音の使用
  • (心理)音響パラメターによる音響環境の定量化
  • 音響環境についての文書作成 
  • 聴感に忠実な再生技術を用いた音響環境の再現
  • 心理音響パラメターと知覚のあいだの相関分析 
  • サウンドスケープ企画、デザイン、マネジメント
  • プレイスメイキング: いい場所づくりのアート
  • サウンドスケープ研究

音響環境の録音、分析、評価

サウンドスケープのパイオニアによるソリューション

弊社の主観テストソフトウエアは、サウンドスケープ研究に必要なすべての知覚データを現場や試聴室で収集することを可能にします。

弊社のモバイル多チャンネルデータ収集システムと標準規格準拠のダミーヘッドシステムが、最高品質かつ聴感に忠実な録音データを保証します。

サウンドスケープの標準規格に準拠したすべての(心理)音響分析に弊社の直感的な分析ソフトウエアを活用ください。


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。

関連製品

ハンドヘルド
SQobold
(3302)
ハンドヘルド
SQuadriga III
(3324)
バイノーラル録音
B2U
バイノーラル録音
BHS II
音と振動
ArtemiS SUITE
(5000)
再生
labP2
主観テスト
SQala
(5030)
ダミーヘッド
HMS IV.0
(1500)
ダミーヘッド
HSU III