風力発電

風切音

  • 法規制を遵守した動作 
  • 長期的な耐久性の確保 
  • トナリティの回避 
  • 放射音の最小化 

 

風力タービンの製造メーカーは広範に亘り関係する法規制に対応しなければなりません。しかも確実にかつ迅速に行う必要があります。開発プロセスにおいて、音振動、温度、負荷等、様々なパラメターを収集し評価しますが、これらを可能な限り同時進行で、市場導入までのタイトなスケジュールに間に合わせる必要があります。


試作テストから認可取得まで

振動音響測定、音源探査、ノイズ成分の分析。機械の耐久性と放射ノイズの正確な予測の為に、様々な測定分析メソッドが採用されます。

トラブルシューティングも、特に試作段階で非常に重要です。複雑な相互の関係性や分析プロシージャーに加えて、以下のような実務的な課題もあります。

  • 音振動、温度等様々なパラメターの収集
  • 大規模チャンネル数のハンドリング
  • センサー方向データの文書化 
  • クリアなテストレポートの作成

典型的な音振動源

  • ローターブレード
  • ギアボックス
  • ジェネレーター
  • ピッチモーター
  • 油圧補助システム
  • アクティブ冷却 
  • アジマスドライブとインバーター
  • 構造物の動的特性
  • 音響パワー
  • 伝達経路分析 
  • 次数分析 

モバイル測定:

フィールド測定

モジュール式

スケーラブル

短時間でセットアップができる便利な分析ツール

音振動、温度センサー、歪ゲージ等、弊社のモバイル測定システムは 2~ 250超に亘る多チャンネルを用いた音特性と振動特性のデータ収集を可能にします。

伝達経路分析、モーダル分析、次数分析、音圧レベルと周波数分析、心理音響分析等、直感的なソフトウエアツールにより、風力タービンの音振動特性に関する深い洞察を得ることができます。センサーライブラリーと測定ポイントライブラリーにより、複雑な測定セットアップであっても、常に、CAD モデル上の計測プランから自動レポート作成までの全体プロセスを俯瞰することができます。


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。

関連製品

音と振動
ArtemiS SUITE
(5000)
ハンドヘルド
SQuadriga III
(3324)
ハンドヘルド
SQobold
(3302)