オーディオ品質

高忠実度の実現 

オーディオ再生は最高の標準を満たす必要があります。車室内でも、ヘッドホンを装着時も、屋外でスマートフォンと外部スピーカーを使用するときも、家でスピーカーを使用するときでもです。目標はあたかもライブ音楽イベント会場にいるかのような、可能な限り最高の忠実度をユーザーに提供することです。

オーディオデバイスやシステムの製造メーカーはアプリケーションごとに異なる要件に対応する必要があります。ハイエンドスピーカーはライブステージの臨場感を完全に再現する必要があります。ヘッドホンは周囲の環境音にも拘わらず好印象の音を届ける必要があります。車室内のサウンドはドライバーや助手席や後部席のパッセンジャーにも最適である必要があります。その為には最適な測定技術が必要です。

 

オーディオ品質のすべての側面を考慮

先ず、より良いオーディオ品質を実現する為には基本的な電気音響パラメターを分析する必要があります。これらには伝達関数、遅延、最大レベル時の歪、EN 50332に準拠した音圧テストが含まれます。

しかしながら、要件、即ちシナリオがますます複雑になります。これには以下のようなより踏み込んだ問題への答えを出す測定技術が必要です。

  • 如何にしたらオーディオ信号のリアルな聴感印象を実現できるか?
  • 残響やノイズ環境で如何にしたらオーディオ性能を最適化できるか?
  • 如何に左右非対称や構造に予め制約がある車載のようなセットアップでチューニングを行えばいいか?
  • 仮想現実 (VR) システムを如何に評価すればいいか?

フォーカス:

  • アクティブ & パッシブ・システム 
  • オーディオゾーン
  • 伝達関数
  • THD & THD+N
  • 遅延補償
  • Thiele/Small パラメター
  • 指向性特性
  • 最大音圧レベル
  • 知覚に基づいた分析

オーディオ性能の為のテスト規格づくり

優れたサウンドの為の包括的テスト

目的は常にベストのオーディオ品質をユーザーにお届けすることです。客観測定メソッドとバイノーラル録音再生の融合が弊社のソリューションです。弊社のハードウエアとソフトウエアをもってオーディオ機器メーカーに以下を提供します。


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。


関連製品

モジュール式 & スケーラブル
HEADlab
(3700)
ハンドヘルド
SQuadriga III
(3324)
音と振動
ArtemiS SUITE
(5000)
NVH シミュレーション
PreSense
(7600)
NVH シミュレーション
SoundSeat
(7040)
ダミーヘッド
HMS IV.0
(1500)
ダミーヘッド
HSU III