サウンドデザインと音の最適化

パーフェクトサウンドデザイン

製品が実際に使われるコンテクストを考慮して、ユーザーの期待に応えるべくサウンドデザインがされた製品はユーザーの使用体験が快適なものとなります。スイッチの精巧なクリック音、電気自動車の斬新な音、コーヒーマシンのパワフルな粉砕音等、製品が動作中に発する音はその製品の状態や機能をユーザーに伝える重要な要素となり得ます。ユーザーが製品に対して抱く印象にも潜在的に影響を及ぼします。

 

どのように音質を表現すればいいか? 

必要な音を保持、不要な音を除去、新たな音を追加する。効果的な音響デザインには測定、分析、評価を含めたユーザー視点のアプローチが重要です。このアプローチは以下のような疑問に答えるのに役立ちます。

  • 個々の音印象をどのように判断、表現すればいいか?
  • 必要な音とは何か?
  • 音源と伝送経路はどれか?
  • ユーザーエクスペリエンス
  • アプリケーションコンテクスト
  • 聴感印象
  • 音響品質
  • 評価メソッド

録音

評価

最適化

NVH性能体験

以下のような弊社の技術とサービスを活用頂き、製品音をユーザー特有のコンテクストで録音、分析、評価し、ユーザー視点での音を最適化にお役立てください。

  • バイノーラル、モバイル、多チャンネル録音再生システム
  • (心理) 音響分析とインタラクティブフィルタリング
  • 直感的、インタラクティブ 主観テストソリューション 
  • 個々のニーズに合わせたプロセス、メトリクス、プロシージャー
  • 物理的改善に加え合成音を用いた製品音の最適化


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。

関連製品

ハンドヘルド
SQuadriga III
(3324)
ハンドヘルド
SQobold
(3302)
モジュール式 & スケーラブル
HEADlab
(3700)
音と振動
ArtemiS SUITE
主観テスト
SQala
(5030)
ダミーヘッド
HSU III.2, HSU III.3
ダミーヘッド
HMS V
(1500)