End-of-Line / 振動音響品質保証  

振動音響品質保証

クラック音、軋み音、ヒュー音、カチカチ音 等、動作ノイズによっては製品の不具合を示唆しユーザーの信頼に影響します。

品質保証の一環として、多くの製品やコンポーネンツは一定の音振動の公差に適合する必要があります。如何なる不具合も確実に検知するには製造メーカーは振動音響品質の客観的な End-of-Line 検査を既存の機能テストに組み込む必要があります。 

人の耳で簡単に検知できるこうしたノイズをシステマティックに検出しようとすると、コンベンショナルな分析手法は早々に限界に突き当たります。


テストベンチでの音

どの分析メソッド、メトリック、アルゴリズムなら確実にこうした現象を検知できるでしょうか?合否の閾値はどこでしょうか?心理音響では不合格をどのように表現したらいいでしょうか?

これらの問いに答えるには、最適メソッドに加え、秩序だったアプローチが重要です:

  1. フィージビリティースタディー
  2. 概念実証 (PoC)
  3. End-of-Line テストの導入
  • 軋みとラトルノイズ
  • 瞬間的な音イベント
  • 次数ベースプロセスの公差ライン
  • 開発テストベンチ測定
  • 機能部品の不具合検知
  • 機械学習

部品の合否判定


品質 ノンストップ

Sounds great!

弊社の振動音響品質保証のツールは多岐に亘り、堅牢なハードウエアとソフトウエアソリューションと Relative Approach や Specific Tonality のような弊社特有の心理音響分析メソッドに基づいています。

End-of-Line プロジェクトでお客様が必要とするニーズの大小に拘わらず、弊社のエンジニアリングサービスのエキスパートが長年の経験とノウハウでサポート致します。品質の良い製品だけが製造ラインから完成品としてあがることを確実にします。 


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。


関連製品

音と振動
ArtemiS SUITE
モジュール式 & スケーラブル
HEADlab
(3700)
モジュール式 & スケーラブル
labCOMPACT
(3708 & 3709)
バイノーラル録音
B2U
ハンドヘルド
SQobold
(3302)
ハンドヘルド
SQuadriga III
(3324)