主観テスト

Jury Testing

知覚印象は常に主観

製品や環境ノイズや音声・オーディオ品質の評価においては、人の知覚印象が中心的な役割を果たします。

  • フードプロセッサーは高品質な製品の音がするか?
  • PC のファン騒音はどれくらい不快か?
  • EV車にどのような音響フィードバックを期待するか?

こうした問いに対する解を聴感に基づく主観テストにより導き出すことができます。


システマチックなリスニングテストの作成、実行、評価

システマチックなアプローチが確実かつ有意義な音評価をアシストします。

  • 妥当性のあるテストデザインの定義 
  • ターゲットグループとコンテクストの特定と理解 
  • 重要な実稼働条件を設定 
  • リアルな音の録音と再生 (聴感に忠実)
  • 管理された条件の下でのテストの実行 
  • 結果の統計分析
  • ベンチマーキング
  • ユーザー調査 
  • ターゲットサウンドの定義化
  • 製品デザイン 

有用なフィードバックを得て、正しい判断を

弊社ノウハウを活用ください。

デザインから評価まで、弊社の主観テストソリューションにより、リスニングテストを試聴室でも、単独でも、複数拠点を繋げる方法でも、簡単かつ柔軟に行うことができます。

SQala ソフトウエアを利用してお客様独自のテストを簡単に作成し、すぐにリスニングテストを開始することができます。

また、世界中どこでも、弊社の経験豊富なコンサルティングエンジニアがお客様独自の主観テストを開発、実行、分析させて頂きます。


アセット


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。

関連製品

主観テスト
SQala
(5030)
音と振動
ArtemiS SUITE
(5000)
ダミーヘッド
HSU III
ダミーヘッド
HMS IV.0
(1500)