伝達経路解析

音源から耳まで

冷蔵庫からブンブンとノイズが聞こえるが原因がコンプレッサーなのかベアリングなのか構造音なのかわからない。トランスミッションのクリックノイズを除去したい。

エアコンからヘリコプターまで、バイノーラル伝達経路解析 (TPA) は音現象をトレースする効果的な方法です。このメソッドは音源の関連性と伝達経路を解析するのに用いられます。

タラレバシナリオを用いて、開発者や意思決定者やカスタマーは時間とコストがかかる試作を仕立てる必要あく、対策の選択肢の効果を評価することができます。


目標達成の為のシステムの理解

プラニングと分析~最適ソリューションの決定まで、TPA を成功させるには以下のような多くの疑問に答える必要があります。

  • 特定タスクに最適なのはどのメソッドか?
  • どこにセンサーを配置したらいいか? センサーはいくつ必要か?
  • TPA モデルは有効か?
  • TPA 結果をどう解釈したらいいか?
  • テストベンチとCAE データはどのように統合すればいいか?
  • どのバーチャル変更が可能か? それを耳で聴いて体験することは可能か?

TPA の全体プロセスを通じて、成功の鍵を握るのは経験と正確性と正しい測定技術です。

  • トラブルシューティング
  • 真因分析
  • 音響デザイン
  • システムの理解 
  • バイブリッド TPA: テストデータとシミュレーションデータの融合
  • テストベンチ測定、実車試聴

音質を正確に最適化

  • ブロックトフォース (現場 & テストベンチ)
  • 部品ベースの TPA
  • 構造伝搬音と空気伝搬音 / 逆行列法
  • Effective Bearing 伝達関数
  • OTPA
  • 時間領域のバイノーラル TPA 
  • 数値 TPA

よい音質は偶然では生まれない

HEAD acousticsのTPA 技術によりシステマチックかつ包括的に製品音の最適化を行うことが可能です。

お客様がTPA 初心者でも専門ユーザーでも、弊社のサービスと製品を活用頂きご一緒に課題への解を見いだすことが可能です。

弊社のポートフォリオは多チャンネルデータ収集技術、TPA ソフトウエア、プロジェクト実行や専門ナレッジ教育からメソッド開発まで多岐に亘るサービスを包含しています。

お客様の 主観テストデータと心理音響メトリクスの統合やNVHシミュレーター から得られる洞察の恩恵を享受することができます。


何かご質問はございますか?

弊社チームが対応致します。
お電話または Email をお待ち致します。

関連製品

モジュール式 & スケーラブル
HEADlab
(3700)
音と振動
ArtemiS SUITE
NVH シミュレーション
Prognoise
(4914)
NVH シミュレーション
PreSense
(7600)
NVH シミュレーション
SoundSeat
(7040)
主観テスト
SQala
(5030)