Skip to content

Dr. Gierlich が標準規格化への顕著な功績が認められ ETSI フェローにノミネートされました。 

  • 1988年の ETSI 設立当初より積極的に活動
  • 音声、音声伝送品質等、ネットワークや端末のすべての関連分野に常に従事
  • 今後も継続的に活動

2021年4月 、ETSI (欧州電気通信標準化機構) 総会にて、HEAD acoustics GmbH 社長・テレコム部門長の Dr. ハンス W. ギアリッヒ氏が ETSI フェローにノミネートされました。これは、ETSIの活動への顕著な功績を讃えて授与される名誉ある称号です。ノミネーションスピーチにおいて、ETSI のダイレクターの ルイス・ロメロ氏はギアリッヒ氏を “サイレント・ヒーロー”と称します。 Dr. ギアリッヒは 1988年の設立当初から ETSI で積極的に活動を展開してきました。 当初はドイツテレコムのエキスパートとして、後に HEAD acoustics GmbHの代表として参画しました。ギアリッヒ氏の活動は常に音声、音声伝送品質等ネットワークや端末のすべての関連分野に深くかかわるものでした。その結果、同氏はアナログや ISDN からはじまり、今日のパケットベースの音声伝送、音声認識、スマートホーム技術まで、音声品質をテーマとする標準規格化委員会において積極的に活動を展開してきました。

ETSI TIPHON の活動の中で、ギアリッヒ氏は、最初の ETSI VoIP 音声品質テストイベント(ETSI の相互接続性テストイベント)を共同ではじめました。彼の ETSI における “ホーム” は STQ (Speech and Multimedia Transmission Quality) 技術委員会であり、そこでチェアマン、バイスチェアマンを務めました。この委員会では ETSI での音声関連の標準規格の大多数が策定され、それらの多くは全世界で広く認知され受け入れられてきました。 Dr. ギアリッヒはこの活動を継続する計画です。「通話品質が人同氏のコミュニケーションと近いレベルまで到達するにはまだやることがたくさんあります。私はそのプロセスに積極的にかかわり続けることに喜びを感じます。」

さらに詳細については ETSI のウフェブサイトをご参照ください: www.etsi.org/membership/fellows


Documents


About HEAD acoustics

HEAD acoustics GmbHは統合音響ソリューションと騒音振動解析のリーディングカンパニーです。テレコム分野でも音声品質・オーディオ品質の測定、分析、最適化の為のハードウエアとソフトウエア開発の専門性と先進性、個々のお客様に合った具体的なソリューションやサービスの提供で世界で広く認知されています。ヘッドアコースティクスが提供するサービスは技術製品のサウンドエンジニアリング、環境ノイズ調査、音声品質技術、コンサルティング、トレーニング、サポートと多岐に亘ります。本社はアーヘン市近郊のヘルツォーゲンラート市にあり、中国、フランス、イタリア、日本、韓国、英国、米国に子会社があります。またその他世界中の代理店を通じ幅広くお客様対応をしています。


プレスチーム

HEAD acoustics GmbH
Ebertstr. 30a
D-52134 Herzogenrath
Germany

ニュースレターをご購読ください!