labCORE 拡張 – 測定目的ごとのアダプテーション

labCOREはハードウエア及びソフトウエアの拡張が可能です。ハードウエアプラットフォームをフレキシブルに拡張して測定目的に合せたアダプテーションが可能です。モジュール方式によりアプリケーションや伝送技術に合せてデバイスの音声及びオーディオ品質をテストするのに最適です。

以下の拡張が利用可能です。

アナログモジュール

coreOUT-Amp2 (Code 7720) パワーアンプボード 

labCORE 拡張ボード coreOUT-Amp2 はシステムにそれぞれ20 ワット RMS (Class D 技術)の 2つのパワーアンプを追加します。これによりボードひとつでダミーヘッドの疑似マウス2つまたはスピーカードライバー2つを同時に動作させることが可能です。例として、In-Car 通信 (ICC)テストや音響 -to-音響 (end-to-end) のテストが可能です。labCORE はcoreOUT-Amp2 ボードを最大2つまでサポートします。coreOUT-Amp2 にはcoreBUSが必要です。

coreIN-Mic4 (Code 7730) マイクロホン入力ボード 

labCORE 拡張ボード coreIN-Mic4 は外部分極型マイクロホン用に4つの LEMO 7-pin マイクロホン入力を備えTEDSをサポートします。このボードによりlabCORE はダミーヘッド測定システムの疑似耳と測定マイクロホンの同時接続が可能です。 coreIN-Mic4 には coreBUSが必要です。

coreIN-ICP4 (Code 7735) 入力ボードICP®

labCORE 拡張ボード coreIN-ICP4 はICP®マイクロホン等の自己分極型ICP® センサー用に4つの高精度低ノイズアナログ入力チャンネルが利用可能です。4つの入力のそれぞれはTEDS をサポートし接続したセンサーとのデータ交換が可能です。BNC 端子は簡単でセキュアな接続が可能です。 coreIN-IPC4 の主なフィーチャーは定電流供給とグラウンドノイズへの高弾力性によるグラウンドセンシングの超低固体ノイズです。labCORE は 最大5つのcoreIN-ICP4 ボードをサポートします。 coreIN-ICP4 には coreBUSが必要です。

coreOUT-A2 (Code 7750) アナログ出力ボード

labCORE 拡張ボード coreOUT-A2 は2つの高精度低ノイズアナログ出力チャンネルを備えています。XLR またはBNC 接続により バランス信号またはアンバランス 信号を出力します。THD+N は最低-114 dB 、S/N は最低118 dBです。さらに以下のフィーチャーを備えています。

  • フローティングバランス出力
  • 測定シナリオに拘わらずフルレンジ対応可能(-10 dB ~ +18 dB の4つの最大出力レベルに調整可能)
  • BNCコネクター接続したシステムのインピーダンス同定の為内部基準が利用可能

優れた機能を備えたcoreOUT-A2 はオーディオシステム分析に最適です。coreOUT-A2 は coreBUSが必要です。

labCORE extension coreIN-A2 front view

coreIN-A2 (Code 7760) アナログ入力ボード

labCORE 拡張モボード coreIN-A2 は2つのアナログ入力チャンネルを備えています。それぞれの入力はXLR と BNC 端子が利用可能です。 いずれの入力も低歪と低固体ノイズによる高精度の信号が特徴です。coreIN-A2 の THD+N は -115 dBです。更に以下の特徴があります。

  • ブートストラップ: 入力のインピーダンスは自動で接続ケーブル (BNC/XLR)の非同期インピーダンスにバランスされます。
  • 同相信号除去比: 差動入力測定による同相干渉抑制の結果S/N比 118 dB(A)を実現しています。
  • 独立 AC/DC利得:最適な信号分析の為に差動利得はAC と DC 経路用に調整可能です。

豊富なフィーチャーによりcoreIN-A2 は高性能オーディオ分析に最適です。coreIN-A2 は coreBUSが必要です。


デジタル & インターフェーシング

coreUSB-DR (Code 7705) USB 拡張モジュール

labCORE 拡張モジュール coreUSB-DR を用いると任意の USB オーディオホストデバイス (スマートフォン等) に対する USB オーディオデバイス (USB ヘッドセット等) を labCORE にシミュレーションさせることができます。coreUSB-DR により音響インターフェイスの必要なしでの電気測定が可能です。このモジュールは labCORE 内部にハードウエアを搭載することによりフロント面の USB Type-C コネクター の能力を拡張します。coreUSB-DR はコンフィグレーションの選択肢を広げ、様々なテストケースに対応が可能となります。

coreBUS (Code 7710)  I/O BUSメインボード

labCORE 拡張ボード coreBUS はベーシックユニットのメインボードとオプションボードとのあいだのインターフェイスとして必要です。labCORE は最大10ボード用のスペースを備えています。

coreIP-AMR (Code 7772) AMR 拡張ボード

coreIP-AMR はcoreIPのハードウエア拡張ボードです。追加のコーデック AMR-NB、AMR-WB (G.722.2)及びGSM Enhanced Full Rateを備えています。 coreIP-AMR は coreIPが必要です。

coreBT2 (Code 7782) Bluetooth® 拡張モジュール

labCORE の拡張モジュール coreBT2 はハードウエアプラットフォームに Bluetooth を介した音声・オーディオ伝送の為のデバイス(例として、モバイルホン、ヘッドセット、ヘッドホン、ハンズフリーデバイス、スピーカー)の音響・電気測定の為の Bluetooth レファレンスアクセスポイントとしての機能を付加します。labCORE に coreBT2 を搭載するとハンドセットやハンズフリーデバイス、ゲートウエイやユニバーサル A2DP ソース / シンクとしての役割を果たします。汎用音声コーデックをサポートし、様々なコンフィグレーションのオプションやプロファイルを利用可能にし、定義した条件下で測定を行う際のテスト対象デバイスに必要な接続タイプや設定を行うことができます。

coreBT2-AAC-LDAC (Code 7783) Bluetooth® 拡張ソフトウエアオプション

coreBT2-AAC-LDAC は coreBT2 の為の拡張ソフトウエアオプションです。 codecs AAC と LDAC (A2DP シンクのみ) のサポートを coreBT2 に付加します。

coreA2B (Code 7790) A2B® 拡張ボード

labCORE 拡張ボード coreA2BによりハードウエアプラットフォームはAnalog Devices社の開発によるAutomotive Audio Bus A2B® に接続可能になります。BUSに接続されたデバイスのテストと最適化を可能にします。coreA2B はマスターまたはスレーブノードとして動作可能です。パッシブに信号を試聴する一方、Proxy モードはBUS上のすべてのデータを完全コントロールできる独特なフィーチャーを提供します。coreA2B は coreBUSが必要です。


ソフトウエア拡張

coreBEQ (Code 7740) バイノーラルイコライゼーション

拡張ソフトウエアcoreBEQ はlabCORE によるHEAD acoustics のダミーヘッドのバイノーラル疑似耳のイコライゼーションを可能にします。この拡張ソフトウエアはダミーヘッド1台用のイコライゼーションフィルター一式により構成されます。

coreBEQ-Add (Code 7741) 追加バイノーラルイコライゼーション

拡張ソフトウエアcoreBEQ-Add は追加のダミーヘッド1台用のイコライゼーションフィルターセット一式を備えています。coreBEQ-Add は coreBEQが必要です。

coreIP (Code 7770) Voice over IP 拡張

labCORE 拡張 coreIPを組み合わせることによりハードウエアプラットフォームはVoIP や VoLTE 電話のようなIPベースの通話デバイスの音声品質測定の為のレファレンスゲートウエイになります。 coreIP はVoIP SIP クライアントとRTPを搭載しています。多くの一般的な音声コーデックに対応しています。これとは別により高度なコーデックも拡張機能として利用可能です。

coreIP-IMP (Code 7771) VoIP 障害の為の拡張

labCORE 拡張 coreIP-IMP はcoreIP を特定のパケットを遅延させたり廃棄する機能により拡張可能です。ジッター、遅延、パケットロス等のネットワーク条件のシミュレーションをサポートします。測定条件は不連続伝送(DTX) / 無音圧縮がアクティベートされていても含めて再現可能です。 coreIP-IMP は coreIPが必要です。

coreIP-EVS (Code 7773) EVS 拡張

coreIP-EVS はEVS (Enhanced Voice Services) 拡張ソフトウエアです。狭帯域からフルバンドまでの特定帯域とすべてのビットレートとモード(含:AMR-WB 相互接続可能モード)のコーデックも含めてサポートします 。coreIP-EVS は coreIPが必要です。

coreIP-OPUS (Code 7774) OPUS 拡張

labCORE 拡張 coreIP-OPUS はオーディオコーデックOpus(モノラル及びステレオ)の拡張ソフトウエアです。coreIP-OPUS は coreIPが必要です。

coreIP-Alexa (Code 7775)

The labCORE software extension coreIP-Alexa enables the hardware platform to act as an Amazon Alexa reference client. It allows labCORE to simulate the remote terminal of Alexa-to-Alexa calls in the otherwise closed Alexa network to route audio data to ACQUA for analysis. coreIP-Alexa allows conclusive testing of speech quality of respective devices, particularly as laid out in the ‘Alexa Communications Audio Requirements’ (ACAR) issued by Amazon. coreIP-Alexa supports any device capable of Alexa-to-Alexa calling, e.g. smart speakers, televisions and soundbars. Control, condition monitoring, diagnostics and access to functionality of regular Alexa clients is performed via a GUI in ACQUA.

関連製品

モジュール式 & スケーラブル
labCORE
(7700)
テレコム & オーディオ
ACQUA
(6810)
テレコム & オーディオ
ACQUA 標準規格
テレコム & オーディオ
HEAD acoustics 品質標準規格 (HQS)
テレコム & オーディオ
VoCAS
(6985)
ダミーヘッド
HMS II.3
ダミーヘッド
HMS II.6
(1389)