PreSense – バーチャルエンジニアリングと試作づくりの為のインタラクティブ NVH シミュレーター

高額な試作車をバーチャルテスト走行により削減 :NVH シミュレーター PreSense... 

高額な試作車をバーチャルテスト走行により削減 :NVH シミュレーター PreSense によりユーザーはコンポーネンツとアセンブリーをすべて物理的に組み付けするよりも前の段階で車両の音響を体験することができます。PreSense はシミュレーションデータ (CAE)、測定データ、バイノーラル伝達経路分析の結果を用いてインタラクティブ車両音響シミュレーションを実現します。

ドライバーは実際のクルマを運転するように運転操作を行い、ドライビングモデルが車速、エンジン速度、負荷を計算します。 NVH シミュレーターは 運転操作に対応した音(パワートレインノイズ、ロードノイズ、風切音)をリアルタイムでを可聴化します。

ユーザーはシミュレーション中にパワートレイン、コンポーネンツ等の音源をバーチャルに入れ替えることができます。変更内容は即座に試聴できる為、専門的な深い知識がなくても正しい音響評価を行うことができます。バーチャル音振動体験ができることにより、迅速かつ安全に意思決定を行うことができます。

更なる情報 少なく表示く

高額な試作車をバーチャルテスト走行により削減 :NVH シミュレーター PreSense によりユーザーはコンポーネンツとアセンブリーをすべて物理的に組み付けするよりも前の段階で車両の音響を体験することができます。PreSense はシミュレーションデータ (CAE)、測定データ、バイノーラル伝達経路分析の結果を用いてインタラクティブ車両音響シミュレーションを実現します。

ドライバーは実際のクルマを運転するように運転操作を行い、ドライビングモデルが車速、エンジン速度、負荷を計算します。 NVH シミュレーターは... 

高額な試作車をバーチャルテスト走行により削減 :NVH シミュレーター PreSense によりユーザーはコンポーネンツとアセンブリーをすべて物理的に組み付けするよりも前の段階で車両の音響を体験することができます。PreSense はシミュレーションデータ (CAE)、測定データ、バイノーラル伝達経路分析の結果を用いてインタラクティブ車両音響シミュレーションを実現します。

ドライバーは実際のクルマを運転するように運転操作を行い、ドライビングモデルが車速、エンジン速度、負荷を計算します。 NVH シミュレーターは 運転操作に対応した音(パワートレインノイズ、ロードノイズ、風切音)をリアルタイムでを可聴化します。

ユーザーはシミュレーション中にパワートレイン、コンポーネンツ等の音源をバーチャルに入れ替えることができます。変更内容は即座に試聴できる為、専門的な深い知識がなくても正しい音響評価を行うことができます。バーチャル音振動体験ができることにより、迅速かつ安全に意思決定を行うことができます。

更なる情報 少なく表示く

ハイライト

  • 時間節約: 開発の初期段階で音響評価を行うことで開発プロセスを加速
  • コスト削減: 部品やアセンブリーが物理的に揃う前にバーチャルテスト走行でNVH 性能評価実施
  • データ準備:シミュレーションデータ (CAE) 、測定データ、バイノーラル伝達経路分析結果を利用
  • ハイエンド& 現実に忠実:バイノーラル技術、校正されたマルチモーダル再生、高度可聴化アルゴリズム、インタラクティブサウンドデザインツールを統合したパワフルなツール

アプリケーション

  • バーチャル試作づくり& エンジニアリング
    • バリアントの試作づくり(バーチャル試作) と可聴化
    • 開発プロセス初期における音振動体験・評価 (複数車両に対する最初のパワートレイン試作のNVH 性能予測等)
    • TPA 結果のインタラクティブ体験
  • 開発プロセスにおける意思決定
    • タラレバ分析、試聴
    • 試作を追加せずに異なる対策効果を知覚評価
    • NVH の予備知識がを必要としない対策効果評価
    • 意思決定プロセス: 可聴化による社内説得のメリット
  • ハイブリッド車の制御ストラテジーの音響評価
    • 開発初期段階におけるエネルギーマネジメントと制御ストラテジーの評価
    • 燃費、ドライバビリティ、音響性能等、部署間の垣根を越えたベストの選択肢検討 
  • エンジン音向上 & アクティブサウンドデザイン
    • シミュレーターによる音づくりの為のサウンドモジュール及びエンジン音向上 (ESE)のチューニングと検証推進
    • 実車やテストコースを利用せずに風切音、ロードノイズ等のマスキングノイズを評価
  • TPA 結果の可聴化
    • ソースごとの個別音試聴とノイズクレームの真因調査
    • 不快な音現象に寄与している伝達経路の調査
    • 対策と最適化領域の抽出
    • 意思決定者の為の簡易的な現場評価
  • トラブルシューティングとターゲットサウンドの設定
    • カスタマー、同僚、意思決定者を被験者とした主観テストによる各種対策や音の変更効果の評価
  • ベンチマーキング: バーチャルテスト走行による車両間、エンジン間、開発ステージ間の比較
    • テストコースも実車も利用せず天候に左右されない
    • 音をインタラクティブに操作、評価、バーチャルに変更
    • 車両の音へのマイナー変更でも瞬時に試聴可能

バリアント

NVH シミュレーターは様々な構成方法がありスケーラブルな利用が可能です。IPG CarMaker® 等のサードパーティーのソフトウエアソリューションとのインターフェースにより機能拡張も可能です。

Desktop simulator

デスクトップシミュレーター

デスクトップシミュレーターは校正された、聴感に忠実な音の再現をバイノーラルヘッドセットを用いて行います。ペダル、ハンドル、モニターが走行状態をシミュレーションします。

 
SoundSeat

SoundSeat

Sound Seat と組み合わせると NVH シミュレーターを実車のように運転操作できます。ユーザーがアクセルやブレーキ操作、ギアチェンジ等の運転操作に対応してリアルタイムで音振動をアダプトします。加振機によりリアルなハンドルやシートの振動も再現され、大画面に走行状態が映し出されます。

 
SoundCar

SoundCar

実車統合型の NVH シミュレーターが実車環境を再現します。音響と振動の両面の音印象が考慮されます。システムはハンドルやシートから空気伝播する音振動刺激の同時生成により、車両の収録音シナリオを再現します。

 
Complete vehicle simulator

コンプリート車両シミュレーター

PreSense はモーションプラットフォームを備えた車両シミュレーターのサブシステムとして統合可能です。NVH シミュレーションソフトウエアが連動する為に車両ソフトウエアがエンジン速度、車速、エンジン負荷等の実稼働条件の変数をソフトウエアインターフェイスを通じて転送します。

 
Mobile NVH simulator

モバイル NVH シミュレーター

ANC ヘッドホンを用いたモバイルバージョンとして、NVH シミュレーターは コストのかかる車両の改造をせずに実車で用いることができます。バーチャル車両音が実際の走行状態と同期して再生され、実稼働条件の変数はCAN BUS を通じて転送されます。但し、振動については変更できない為、テスト車両はシミュレーションと同等の車両クラスを用いることになります。

 

関連製品

再生
HPL
NVH シミュレーション
Prognoise
(4914)
再生
labP2
再生
labO2
再生
labO2-V1
モジュール式 & スケーラブル
HEADlab
(3700)
モジュール式 & スケーラブル
HEADlab モジュール
(3702-3742)
ダミーヘッド
HSU III
ダミーヘッド
HMS IV.0
(1500)
NVH シミュレーション
SoundSeat
(7040)