MSA I & MSA II – 3次元ノイズ録音の為のマイクロホンアレイ

Microphone array MSA I mounted on an artificial head
Microphone array MSA II mounted on an artificial head

マイクロホンアレイ MSA I (非シンメトリー) または MSA II (シンメトリー) は HEAD... 

マイクロホンアレイ MSA I (非シンメトリー) または MSA II (シンメトリー) は HEAD acousticsのバックグラウンドノイズシミュレーションシステムを動作させる為の基本となるシステムコンポーネントです。対応するシミュレーションソフトウエア (3PASS lab、 3PASS flex、 3PASS reverb) により制御され、いずれのマイクロホンアレイも録音、イコライゼーション、バックグラウンドノイズと残響(インパルス応答)のリアルな再現を、実験室または車室内の場所が変わっても再現性をもって行うことが可能です。

このシステムセットアップで、システム全体の自動デジタルイコライゼーションを行う為にマイクロホンアレイが必要です。イコライゼーションに加え、マイクロホンアレイは通話デバイスをリアルにテストする為に必要な 3 次元ノイズシナリオを録音することが可能です。

MSA I と MSA II の相違点:

  • MSA I の 8 マイクロホンは非シンメトリーに配置されています。モバイルホンやその他のハンドヘルドデバイスをダミーヘッド近傍で使用する際のマイクロホン位置をカバーします。
  • MSA II の 8 マイクロホンはシンメトリーに配置されています。ダミーヘッドの両耳近くで録音します。このマイクロホンアレイはヘッドホンやヘッドセット等耳の近くで使用する通話デバイスに最適です。

シミュレーションソフトウエア (3PASS lab、 3PASS flex 3PASS reverb)、ハードウエアインターフェイス labBGN (イコライゼーション、再生) 、スピーカー、パワーアンプと組み合わせることにより、MSA I と MSA II はパワフルなバックグラウンドノイズシミュレーションシステムを構築します。

更なる情報 少なく表示く

マイクロホンアレイ MSA I (非シンメトリー) または MSA II (シンメトリー) は HEAD acousticsのバックグラウンドノイズシミュレーションシステムを動作させる為の基本となるシステムコンポーネントです。対応するシミュレーションソフトウエア (3PASS lab、 3PASS flex、 3PASS reverb) により制御され、いずれのマイクロホンアレイも録音、イコライゼーション、バックグラウンドノイズと残響(インパルス応答)のリアルな再現を、実験室または車室内の場所が変わっても再現性をもって行うことが可能です。

このシステムセットアップで、シ... 

マイクロホンアレイ MSA I (非シンメトリー) または MSA II (シンメトリー) は HEAD acousticsのバックグラウンドノイズシミュレーションシステムを動作させる為の基本となるシステムコンポーネントです。対応するシミュレーションソフトウエア (3PASS lab、 3PASS flex、 3PASS reverb) により制御され、いずれのマイクロホンアレイも録音、イコライゼーション、バックグラウンドノイズと残響(インパルス応答)のリアルな再現を、実験室または車室内の場所が変わっても再現性をもって行うことが可能です。

このシステムセットアップで、システム全体の自動デジタルイコライゼーションを行う為にマイクロホンアレイが必要です。イコライゼーションに加え、マイクロホンアレイは通話デバイスをリアルにテストする為に必要な 3 次元ノイズシナリオを録音することが可能です。

MSA I と MSA II の相違点:

  • MSA I の 8 マイクロホンは非シンメトリーに配置されています。モバイルホンやその他のハンドヘルドデバイスをダミーヘッド近傍で使用する際のマイクロホン位置をカバーします。
  • MSA II の 8 マイクロホンはシンメトリーに配置されています。ダミーヘッドの両耳近くで録音します。このマイクロホンアレイはヘッドホンやヘッドセット等耳の近くで使用する通話デバイスに最適です。

シミュレーションソフトウエア (3PASS lab、 3PASS flex 3PASS reverb)、ハードウエアインターフェイス labBGN (イコライゼーション、再生) 、スピーカー、パワーアンプと組み合わせることにより、MSA I と MSA II はパワフルなバックグラウンドノイズシミュレーションシステムを構築します。

更なる情報 少なく表示く

ハイライト

  • マイクロホンアレイ3PASS lab3PASS flex 3PASS reverbを用いたバックグラウンドノイズと残響のシミュレーションに不可欠です。
  • MSA I と MSA IIは (ハードウエアインターフェイスlabBGNと組合わせることにより) バックグラウンドノイズの録音と3PASSシミュレーションシステムの完全自動のデジタルイコライゼーションが可能です。
  • MSA I はダミーヘッド測定システムの右側(モバイルフォン等)の音場を捉えるのに対し、MSA II はダミーヘッドの両耳の近傍(ヘッドホン等)で録音します。
  • 同様にこれらのマイクロホンアレイはハンズフリーやスマートホームのアプリケーションにも利用可能です。
Close up of microphone array MSA I mounted on an artificial head
Microphone array MSA I mounted on a stand base

アプリケーション

  • マイクロホンアレイMSA I:
    • ダミーヘッドを取り囲んで異なる高さに配置した非シンメトリー 8 マイクロホンアレイ
    • モバイルフォンのマイクロホン位置をカバーするようにダミーヘッド近傍の音場を取得
  • マイクロホンアレイMSA II:
    • 8 マイクロホン搭載のシンメトリーマイクロンアレイ – 片側に高さとダミーヘッドまでの距離が異なるマイク4本
    • ダミーヘッドの両耳近傍の音場を取得
    • ヘッドホンやヘッドセット等の耳の近傍で用いるデバイスのテストに最適
  • 通話デバイスのバックグラウンドノイズ及び残響環境下における音声認識性能評価
    • モバイルフォン
    • スマートフォン(含:ディスプレイスピーカー)
    • ANC ヘッドホン / ヘッドセット
    • スマートスピーカー等の音声操作によるスマートホーム端末
    • 車載音声操作システム
  • テスト対象デバイスの位置における正確な音場再現
  • 実験室や車室内でのバックグラウンドノイズと残響のイコライゼーションを伴った再生
  • バックグラウンドノイズと残響環境下における通話デバイスの開発、最適化、品質管理
  • 通話デバイスの高度なノイズリダクションアルゴリズムの開発、評価、最適化

フィーチャー

  • マイクロホンアレイMSA I:
    • ダミーヘッドを取り囲んで異なる高さに配置した非シンメトリー 8 マイクロホンアレイ
    • モバイルフォンのマイクロホン位置をカバーするようにダミーヘッド近傍の音場を取得
  • マイクロホンアレイMSA II:
    • 8 マイクロホン搭載のシンメトリーマイクロンアレイ – 片側に高さ及びダミーヘッドまでの距離が異なるマイク 4 本配置
    • ダミーヘッドの両耳近傍の音場を取得
    • ヘッドホンやヘッドセット等の耳の近傍で用いるデバイスのテストに最適
  • ユースケースによりダミーヘッド、トライポッド、またはベーススタンドに搭載 
  • 国際標準規格ITU-T P.58に適合するダミーヘッドに固定可能
  • labBGN または SQuadriga III に HEADlink ケーブルでデジタル接続
  • 3PASS lab3PASS flex3PASS reverbに対応

関連製品

テレコム & オーディオ
ACQUA
(6810)
テレコム & オーディオ
VoCAS
(6985)
モジュール式 & スケーラブル
labCORE
(7700)
ダミーヘッド
HMS II.3
ダミーヘッド
HMS II.6
(1389)
バックグラウンドノイズシミュレーション
3PASS lab
バックグラウンドノイズシミュレーション
3PASS flex
バックグラウンドノイズシミュレーション
3PASS reverb
バックグラウンドノイズシミュレーション
labBGN