インイヤー型骨伝導センサー搭載ヘッドセットのテスト

骨伝導を考慮することにより製品の改善が期待できます。インイヤー型ヘッドセットに搭載された骨伝導センサーはノイズを効果的に低減させ、ヘッドセットによる通話の音声品質の著しい改善効果を発揮します。骨伝導センシングヘッドセットの信号シミュレーションによるテストはこれまで最適な機器がなく実現不可能でした。その為、現在のデバイスのテスト結果の意義が課題でした。

インイヤー型ヘッドセットテストのゲームチェンジャー 

HEAD acoustics は変革を起こしました。インイヤーヘッドセットテストの為の人の構造伝搬信号のリアルなシミュレーションを実現しました。骨伝導アクチュエーターが HEAD acoustics の HEL/HER 4.4 アーティフィシャルイヤーに統合されることにより、ヘッド & トルソーシミュレーター HMS II.3 ViBRIDGE の内部に構造伝搬音を発生させます。 ACQUA と labCORE はアーティフィシャルマウスと HEL/HER 4.4 ViBRIDGE Pinna の両方にイコライゼーションされた信号を発生させます。


人の声が構造伝搬音として耳に伝わる仕組みの理解 

ユーザーの声が構造伝搬音として耳に伝わる仕組みを理解することは重要です。弊社は大在の話者の食う気電波のんと構造伝搬音のスペクトルを完全測定し、差異の分布の分析しました。これにより、リアルな構造伝搬音シミュレーションを行うのに用いることのできる平均伝達関数を導き出しました。


人の構造伝搬音の伝搬シミュレーション

アーティフィシャルヘッド HMS II.3 LN-HEC の疑似耳に構造伝搬音を再現するアクチュエーターを統合することにより、弊社は空気伝搬音声に加えリアルな構造伝搬音声を発生させることができます。これにより、構造伝搬音声のセンサーを搭載したヘッドセットのテストが可能となりました。


何故ヘッドセットメーカーは骨伝導テストを取り入れるべきなのか。

 ヘッドセットメーカーが骨伝導センサーを採用し、テストも完全に行うことには大きな意味があります。話者の音声を環境音や周囲の話者の音声から切り離すことができるほど、ノイズキャンセレーションと騒音環境における音声品質の改善効果につながるからです。音声検知が完璧にできるほど、エコーキャンセラーやヘッドセットの他の信号処理をさらなる向上につながり、構造伝搬音声は完全にノイズキャンセルされた状態で音声信号を送りだすことができます。

完全なテストソリューション

ヘッドセットのテストにおいて、構造伝搬音のシミュレーションは重要です。人の発話により発生した空気伝搬音と構造伝搬音のシミュレーションを行うことによってのみ、様々な会話の状況におけるヘッドセットの完全な評価と最適化が可能です。 バックグラウンドノイズシミュレーションシステムと分析システム ACQUA  テストシステムの組み合わせにより、アップグレード可能な ViBRIDGE 技術が 骨伝導センサーを採用したインイヤーヘッドセットやその他のデバイスの為の  "オールインワン"  ソリューションを提供します。

  • テスト
  • 最適化
  • 検証

Related Software and Hardware

テレコム & オーディオ
ACQUA
(6810)
モジュール式 & スケーラブル
labCORE
(7700)
モジュール式 & スケーラブル
labCORE 拡張
(7710-7790)
ダミーヘッド
HMS II.3