ホームページ
Choose the English version Wählen Sie die deutsche Sprachversion Sélectionnez votre langue! New HEAD acoustics UK subsidiary New HEAD acoustics Italy subsidiary New HEAD acoustics Korea subsidiary Choose the Chinese version
製品クイック選択:
  製品&ソリューション     テレコム     製品概要     フロントエンド概要
テレコム - 製品 - テレコム・フロントエンド
多チャンネルフロントエンド
labCORE
labCOREはHEAD acousticsによるACQUAlab世代の新しいモジュール式マルチチャンネルフロントエンドです。幅広い選択肢の高性能アナログ / デジタルインターフェースと汎用性・将来性のある技術により、音声とオーディオの品質を正確かつ効率的にテストするための最先端のオールインワンソリューションを提供します。
 
 
ACQUAフロントエンド゙ - 測定フロントエンド(MFEs)
ACQUA通信分析システムの
データ収集と信号コンディショニングの為のアナログ / デジタルフロントエンド
 
 
音場シミュレーション
labBGN と MSA I / MSA II
3PASSはHEAD acousticsによるバックグラウンドノイズ・シミュレーションのための革新的システムです。
バックグラウンドノイズの周波数特性・空間特性の優れた再現精度を備えており、ハードウェアプラットフォームlabBGNとマイクロホン・サラウンド・アレイMSA Iが3PASSの必須システムコンポーネントとなっています。
 
 
ターンテーブル
HRT I – リモート操作ターンテーブル
高精度のターンテーブルHRT Iにより、ユーザーは指向性の音響測定を自動化された形で行うことが出来ます。電話機、台座付きテレビ、ビデオ会議システム、スピーカー、またはトルソーボックス付きHMSダミーヘッド測定システム等の測定機器をターンテーブルによって特定の角度に回転させることが出来ます。ターンテーブルの回転ユニットは360度回転可能であり0.1度ステップで調節することが出来ます。
 
 
モーター回転型反射板
HRR I – HEAD acousticsによる回転反射板
(可変音響エコーパス)
HRR Iはモーター回転型の反射板です。ハンズフリー通信シナリオおよび経時変化するエコーパスの実現において、ラウドスピーカーとマイクの間の音響結合を動的に変化させることが出来ます。HRR I は、車載ハンズフリーシステムのエコー減衰性能の測定に関する勧告 ITU-T P.1100、P.1110、および P.1120 に準拠しています。
 
Open information as a PDF in a new browser window
データシート、アプリケーション等
 
データシート、アプリケーション等
 
録音/モニタリング - SQoboldとSQuadriga II
聴覚に忠実な録音、再生、モニタリング の為のポータブル・フロントエンド゙
 
 
HAC III
HAC IIIはプローブコイルとハンドセットポジショナーを組み合わせた製品です。磁気結合機能を測定することにより、電話機のハンドセット内のコイルが補聴器に正しく対応しているか検証出来るように設計されています。ポジショナーは搭載面積が広く、ハンドセット固定方法も様々なオプションがあり、あらゆるタイプやサイズのハンドセットに対応出来ます。HAC IIIはIEEE 1027およびTIA-504-Aに完全に適合しています。
 
 
ニュースレターの配信ご希望の方はご登録ください!
 
 
ドイツ本社からの英語版のニュースレターも購読する。
ニュースレターの受信を希望します。マーケティング効果の分析、データロギング、およびお客様がこの同意を撤回する権利の詳細については当社のデータプライバシーポリシーをご参照ください。いつでもこの同意が撤回可能であることを理解しました(配信停止方法に関する情報は、すべての電子メールに含まれています)。
   
 
ヘッドアコースティクスジャパン株式会社

〒240-0005
神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134
横浜ビジネスパーク ウエストタワー8F

Email: info@head-acoustics.co.jp
各地域のコンタクト先を探す



© 2020 HEAD acoustics GmbH. All rights reserved.
ページ・トップへ